息子話

Pocket

うちの息子を紹介します。

ときどき、ここにも登場します。

娘曰く、数々の逸話の持ち主(笑)です。

名前は、四柱推命でつけてもらいました。

生年月日と時間を観た先生は、開口いちばん

「こらぁ、利かん気の強い子や、いや!言うたらテコでも動かんわ」

と、仰いました。

確かに、もの心がついてくると、ほんまに興味のないものにはシャッターがらがら、ピシャリと閉めだしてやりません。

そのかわり、やりたいものはパッと見て「やりたい!やる」即実行でした。

例えば、運動会の靴を選んだときは

店員さんがサイズを合わせて、両足履いた途端

「ちょっと、走ってくるわ」ピューーーーー

え?どこ行ったーっっっ!

店員さん、ぽか〜ん

焦って、名前を呼びまくる私

(店内1周して戻ってきました)

とにかく、やる、やらないの意思表示は、はっきりしてる子でした。

それでも親の希望で、英会話教室(2年)と柔道場(1年かなぁ)には通わせました。

英会話は、私がこれからはバイリンガルよね〜と思って

娘にもやらせてました。

娘は、真面目に通ってましたが、息子は嫌々

私がなだめすかして連れて行く日々

柔道は、何を思ったか旦那さんが警察署で紹介してもらい

道場に通わせることになりました。

これも、嫌がるのを「嫌なことでもやらなあかん時があるんや」

と、もっともらしい理屈を言って連れて行きました。

でも、送り迎えをする私もしんどかったし

やりたくもないものに連れていかれる本人は、もっとしんどかったやろなと思います。

どっちも親の勝手な思いこみ

英会話なんて、本人が必要やと思えばやるだろうし

今は、私自身がやりたくない事はやらなくていい!と思ってるんで

変な理屈で我慢をさせた

あの頃の息子に「なんか、ごめんね〜」と思ってます。

嫌、やりたくないは、わがまま、怠けてるという思考回路があったんですね。

息子の嫌と私の嫌が同じとは限らない、もしかしたら私の嫌は息子の好きかもしれない。

息子のやりたいは、私のやりたくないかもしれない。

だったら、そこに「わがまま・怠けてる」を当てはめるのは無理があるよなぁ

そう思うので今のスタンスは、嫌だったらしなくていいよ、やりたいことしたら~です。

いや、まぁね、基本やりたいことしかやらん子ですが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です