息子話

Pocket

昨日に続き息子話

息子が小学生の時は、ゲームボーイ全盛期

あの頃、猫も杓子もゲームボーイやったよね〜

 

それに比例して、メディアで叫ばれてたのが

ゲーム脳

文学部出身の日大の先生が脳科学者の肩書きで発表した学説

ゲームを長時間やってると、脳機能が低下して認知症状態になるってトンデモ学説です。

 

当時は大真面目に語られて、まことしやかに言われるもんやから

母としては「うちはゲームボーイ禁止!」となる訳です。(短絡的やねw)

おかげで、ゲームボーイもDSもスーパーファミコンも買ってもらえなかった息子

今では、ネット環境が整う自室でプレステとWiiで動画とゲームを存分に楽しんでます。

 

で、ゲーム禁止にしたことなんか忘れちゃってる頃

ネットで「車窓忍者」って言葉を見つけ、息子に聞いてみると

「僕もやってた

母、それはな、ゲームボーイ買ってもらえんかった寂しい子供が、電車なんかで時間つぶしにやる悲しいゲームやねんで」

(知らない方はグーグル先生に聞いてみて)

 

え!そうなの?

 

「当時、ゲームボーイ持ってへんもんは、持ってる友達の後ろから、肩ごしに覗きこむしかなかってん。

一緒にいるのに遊ばれへん、どんだけ寂しいか」

確かに、あれだけ流行ったゲームボーイは、子供同士のコミュニケーションツールやってんね。

 

昨日に続き

なんかもう、ごめんねー!

 

ゲーム脳だのなんだの諸悪の根源のように言われたパソコンゲームや携帯ゲーム、そしてネットゲーム

今では、eスポーツとしてオリンピック競技になるかもってね。

誰が想像するよ、こんな展開…

遠〜いところから息子の声が聞こえる。

 

そやから、母はなんでも信用し過ぎ!

だぁ~もう、ごめんなさ~い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です