産んでくれて、ありがとう。

Pocket

実家の母にルーティンの夜電話

今年も言うことができました。

「産んでくれてありがとう。今の幸せはあなた達のお陰です。」

「誕生日は親に感謝する日や」

そう言ったのは、奈良 薬師寺の故高田好胤管長。

誕生日だけやなく、いっつも思ってますよ、はい。

けど、誕生日は何というか…いっそうこの思いを噛みしめてます。

ほんまにね、両親は来る日も来る日も羊羹(和菓子の)作って売って、兄と私を育ててくれました。

母は、私が高校を卒業すると「それっ!」と婚活に乗りだし(早い早い、まだ18やで)

散歩のついでに写真を撮りまくり

祖母の手本で釣書を何枚も書かされ

あっちこっちに配りまくりました。

もう、なん回見合いしたか覚えてません!

くらい見合いしたわ。『見合い』でステップメール書けそう(笑)

そのお陰で、旦那さんと結婚したんやから、ほんまに感謝です。

あ、そうそう、義父・義母にも感謝「この人を産んでくれてありがとう」

そして娘と息子「私たちの元に産まれてくれてありがとう」

だから、人は居る(産まれた)だけで感謝し感謝される存在なんだよー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です